外傷に対応する看護師にオススメな資格

救命救急と外傷は切っても切れない関係です!

そのため、ER・救急外来や3次救命救急センターに転職や求人を希望する看護師さんは外傷に対応できる必要があります。

今回は外傷に対応する看護師にオススメな資格を2つ紹介します!



日本における外傷教育

日本で作成され開催している外傷研修は大きく分けて3つに分類されます。

JATEC・・・医師向け
JNTEC・・・看護師向け
JPTEC・・・救急隊員向け
JATEC・JNTEC・JPTECは、何れも関係性が深く同じコンセプトの基に開発され開催されています。
つまり、院外から院内まで標準化された考え方とアプローチによって外傷教育が行われています。

プレホスピタルにはJPTEC

JPTECはご存知の方も多いと思います。

これは、救急隊員をはじめプレホスピタルに関わる医療者向けの外傷対応研修です。

基本的には高度な医学処置は含まれませんが、限られた人員と資機材で「重症外傷」を見抜き適切な医療機関に到着するまでの対応が学ぶことができます。

看護とは少し異なる内容ですが、ドクターカーナースやフライトナースの選考基準にJPTECの受講歴を必要としている施設が大半を占めていますので、救命救急への転職や求人を希望する看護師の方は受講することを強くオススメします!

外傷看護にはJNTEC

JNTECも救急領域では知名度は高く受講を希望する救急看護師さんは多いです!

JNTECは、外傷の病態を理解し初期診療に必要なアセスメントと看護実践能力をトレーニングできる研修です。

外傷診療では、医師だけでなく看護師もチームの一員となって救急診療を行うことが必要なため、外傷の病態把握や処置に必要な看護スキルは必要不可欠です。

さらにJNTECでは、「家族対応」も学ぶことができます。

これはJATECやJPTECでは扱っていない看護師に特化した内容です。

フライトナースを希望する看護師は必須

フライトナースになってドクターヘリに搭乗したい看護師や、ドクターカーでプレホスピタルに行きたい看護師の方は、今回紹介したJPTECやJNTECの受講は必須となります!

日本航空医療学会の選考基準を基に、各病院では独自の選考基準を作成していますが、その大半に、「JPTEC又は(及び)JNTECの受講経験を要する」とあります。

そのため、看護師転職サイトに登録した後は転職活動と同時にJPTECやJNTECコースを受講しておくと有利になりますよ!

ドクターヘリ基幹病院への転職や求人はナースフル



ホームに戻る




気に入ったら今すぐシェア!

フォローする